K-1小宮山工介お手柄 トラック窓ガラスなぜ人力で粉砕?

公開日:

 格闘家が、一撃で人命救助――。徳島県鳴門市で「K―1」の小宮山工介選手(30)が手柄を立てたニュースが話題になっている。

 12日午後0時ごろ、同市の県道で乗用車とトラックが正面衝突。現場をクルマで通りかかった小宮山さんがまず乗用車の運転手(25)を、次いでトラック運転手(51)を車内から救い出した。いずれのクルマも救出後すぐに炎上したから、間一髪の神業。地元関係者が言う。

「注目はトラックからの救出です。運転席側のドアが開かないので小宮山さんは助手席のドアを開けようとした。ところが衝撃による歪みで開かない。運転手は“助けて”と声を上げている。そこで窓ガラスをヒジ打ちで割って運転手を車外に出したのです。小宮山さんは右ヒジを10針縫うケガ。トラックはいすゞ『エルフ』の2トン車でした」

 自動車のガラスは強度が高く、ちょっとやそっとでは割れない印象が強い。それを生身の肉体で破壊するとは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る