• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

K-1小宮山工介お手柄 トラック窓ガラスなぜ人力で粉砕?

 格闘家が、一撃で人命救助――。徳島県鳴門市で「K―1」の小宮山工介選手(30)が手柄を立てたニュースが話題になっている。

 12日午後0時ごろ、同市の県道で乗用車とトラックが正面衝突。現場をクルマで通りかかった小宮山さんがまず乗用車の運転手(25)を、次いでトラック運転手(51)を車内から救い出した。いずれのクルマも救出後すぐに炎上したから、間一髪の神業。地元関係者が言う。

「注目はトラックからの救出です。運転席側のドアが開かないので小宮山さんは助手席のドアを開けようとした。ところが衝撃による歪みで開かない。運転手は“助けて”と声を上げている。そこで窓ガラスをヒジ打ちで割って運転手を車外に出したのです。小宮山さんは右ヒジを10針縫うケガ。トラックはいすゞ『エルフ』の2トン車でした」

 自動車のガラスは強度が高く、ちょっとやそっとでは割れない印象が強い。それを生身の肉体で破壊するとは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る