• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

企業CMに批判相次ぐ背景…女性を蔑むミソジニストの影

 女性の価値は、年齢で決まるものではない!――。女性誌「VOCE」が先月、ウェブ上に「女の市場価値はいくつまで?」という記事を掲載したところ、批判が殺到。大炎上して記事は取り下げられた。

 5月には、「仕事、家事、育児……。いつの間にか『女磨き』をおろそかにしていませんか?」とツイッターでPRした化粧品メーカー「ちふれ」が炎上。「男ウケのために化粧しているんじゃない」といった批判が相次いだ。

 最近、ネット上では、女子を蔑視・嫌悪することは「ミソジニー」と呼ばれ、女性差別的な発言をする人は「ミソジニスト」として批判される。男性や企業にミソジニー的な要素が見え隠れすると“口撃”され、その矛先は、女性側企業も含まれる。女性はなぜこれほどデリケートなのか。エッセイストの大泉りか氏に聞いた。

「従来の社会は、女性は男性に従うようなスタイルでしたが、今は従わなくてもよくなってきています。その変化で、女性は男性中心社会によって生じるストレスに気がついて、その不満を口に出せるようになった。否定されてきたことが、今は肯定されます。その結果、今までためてきたストレスが“膿”のように出てきたのが、一連の現象の背景でしょう。岩盤に小さな“穴”が開いた直後ですから、ちょっとした刺激で“膿”が噴き出しやすい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る