企業CMに批判相次ぐ背景…女性を蔑むミソジニストの影

公開日: 更新日:

 女性の価値は、年齢で決まるものではない!――。女性誌「VOCE」が先月、ウェブ上に「女の市場価値はいくつまで?」という記事を掲載したところ、批判が殺到。大炎上して記事は取り下げられた。

 5月には、「仕事、家事、育児……。いつの間にか『女磨き』をおろそかにしていませんか?」とツイッターでPRした化粧品メーカー「ちふれ」が炎上。「男ウケのために化粧しているんじゃない」といった批判が相次いだ。

 最近、ネット上では、女子を蔑視・嫌悪することは「ミソジニー」と呼ばれ、女性差別的な発言をする人は「ミソジニスト」として批判される。男性や企業にミソジニー的な要素が見え隠れすると“口撃”され、その矛先は、女性側企業も含まれる。女性はなぜこれほどデリケートなのか。エッセイストの大泉りか氏に聞いた。

「従来の社会は、女性は男性に従うようなスタイルでしたが、今は従わなくてもよくなってきています。その変化で、女性は男性中心社会によって生じるストレスに気がついて、その不満を口に出せるようになった。否定されてきたことが、今は肯定されます。その結果、今までためてきたストレスが“膿”のように出てきたのが、一連の現象の背景でしょう。岩盤に小さな“穴”が開いた直後ですから、ちょっとした刺激で“膿”が噴き出しやすい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る