“6ポケット”の孫がやがて両親と両祖父母6人の介護をする

公開日:

 5年後には、働く人の4人に1人が介護の担い手になり、子育て世帯を追い抜く。こんなショッキングなデータを民間調査会社「インテージリサーチ」が公表している。

 同社が全国の35~59歳の労働者(公務員含む)2万3716人にアンケートしたところ、現在、介護をしている人は5.8%。しかし、3~5年以内に介護を担っているはずと答えた人は、24.4%と4人に1人に達した。親世代である団塊の世代が後期高齢者に突入するためだ。

 厚労省「国民生活基礎調査」によると、子育て世帯は平成元(1989)年に41.7%あったが、平成26(2014)年は22.6%にまで低下。つまり、5年後には子育て世帯より介護世帯の方が上回りそうなのだ。

「2025年には、国民の5人に1人が75歳以上の後期高齢者という超・超高齢社会を迎えます。1億総活躍社会に向け、仕事と介護の両立は避けては通れない問題になります」(インテージリサーチ公共サービス事業部・土屋薫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る