日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“6ポケット”の孫がやがて両親と両祖父母6人の介護をする

 5年後には、働く人の4人に1人が介護の担い手になり、子育て世帯を追い抜く。こんなショッキングなデータを民間調査会社「インテージリサーチ」が公表している。

 同社が全国の35~59歳の労働者(公務員含む)2万3716人にアンケートしたところ、現在、介護をしている人は5.8%。しかし、3~5年以内に介護を担っているはずと答えた人は、24.4%と4人に1人に達した。親世代である団塊の世代が後期高齢者に突入するためだ。

 厚労省「国民生活基礎調査」によると、子育て世帯は平成元(1989)年に41.7%あったが、平成26(2014)年は22.6%にまで低下。つまり、5年後には子育て世帯より介護世帯の方が上回りそうなのだ。

「2025年には、国民の5人に1人が75歳以上の後期高齢者という超・超高齢社会を迎えます。1億総活躍社会に向け、仕事と介護の両立は避けては通れない問題になります」(インテージリサーチ公共サービス事業部・土屋薫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事