導入相次ぐ週休3日 働き方改革がうまくいく会社の特徴は

公開日:

 3K職場は変わるか。慢性的な人手不足が続く宅配業界で、佐川急便は東京と山梨の希望者を対象に週休3日制を導入する。安定的なドライバーの確保が狙いで、給料は週休2日制と同水準で、ヤマト運輸も検討しているという。

 週休3日制は、ヤフーやユニクロも採用。時短やリモートワークなどと同じように働き方改革のひとつだ。どれももっともな仕組みだが、いまひとつ普及しない。うまく機能する会社とダメな会社は、何が違うのか。「働き方改革総合研究所」代表の新田龍氏が言う。

「たとえば、ドライバーの待遇を改善するためにアマゾンとの一部契約を打ち切ったヤマトは、トップが記者会見して社員に決意を示しました。働き方改革が定着するかどうかは、トップが決断できるかどうか。それが大きいのです」

 経営者は、現場で働き方改革が必要と分かっていても、生産性を落とさずに実現するのはそう簡単ではない。社員の職場環境がよくなっても生産性がダウンしたら、経営者は株主の反発を受ける恐れがある。お題目としてもっともな働き方改革が普及しない一番の理由はそこ。任期中は、成果がハッキリしない改革は後回しにしたい経営者心理が働くという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る