導入相次ぐ週休3日 働き方改革がうまくいく会社の特徴は

公開日: 更新日:

 3K職場は変わるか。慢性的な人手不足が続く宅配業界で、佐川急便は東京と山梨の希望者を対象に週休3日制を導入する。安定的なドライバーの確保が狙いで、給料は週休2日制と同水準で、ヤマト運輸も検討しているという。

 週休3日制は、ヤフーやユニクロも採用。時短やリモートワークなどと同じように働き方改革のひとつだ。どれももっともな仕組みだが、いまひとつ普及しない。うまく機能する会社とダメな会社は、何が違うのか。「働き方改革総合研究所」代表の新田龍氏が言う。

「たとえば、ドライバーの待遇を改善するためにアマゾンとの一部契約を打ち切ったヤマトは、トップが記者会見して社員に決意を示しました。働き方改革が定着するかどうかは、トップが決断できるかどうか。それが大きいのです」

 経営者は、現場で働き方改革が必要と分かっていても、生産性を落とさずに実現するのはそう簡単ではない。社員の職場環境がよくなっても生産性がダウンしたら、経営者は株主の反発を受ける恐れがある。お題目としてもっともな働き方改革が普及しない一番の理由はそこ。任期中は、成果がハッキリしない改革は後回しにしたい経営者心理が働くという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る