導入相次ぐ週休3日 働き方改革がうまくいく会社の特徴は

公開日: 更新日:

 3K職場は変わるか。慢性的な人手不足が続く宅配業界で、佐川急便は東京と山梨の希望者を対象に週休3日制を導入する。安定的なドライバーの確保が狙いで、給料は週休2日制と同水準で、ヤマト運輸も検討しているという。

 週休3日制は、ヤフーやユニクロも採用。時短やリモートワークなどと同じように働き方改革のひとつだ。どれももっともな仕組みだが、いまひとつ普及しない。うまく機能する会社とダメな会社は、何が違うのか。「働き方改革総合研究所」代表の新田龍氏が言う。

「たとえば、ドライバーの待遇を改善するためにアマゾンとの一部契約を打ち切ったヤマトは、トップが記者会見して社員に決意を示しました。働き方改革が定着するかどうかは、トップが決断できるかどうか。それが大きいのです」

 経営者は、現場で働き方改革が必要と分かっていても、生産性を落とさずに実現するのはそう簡単ではない。社員の職場環境がよくなっても生産性がダウンしたら、経営者は株主の反発を受ける恐れがある。お題目としてもっともな働き方改革が普及しない一番の理由はそこ。任期中は、成果がハッキリしない改革は後回しにしたい経営者心理が働くという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  7. 7

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  8. 8

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  9. 9

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  10. 10

    デビュー45周年で人気再燃 岡田奈々「永遠の清純派」伝説

もっと見る