小型犬なら8歳でシニア ペットの「介護と終活」最新事情

公開日: 更新日:

 かわいい“わが子”にも老いはやってくる。

 国内で飼われている犬・猫の飼育頭数はおよそ計1979万頭。ペット終活は始めるのに早すぎるということはない。将来的な病気や介護を見越して保険に加入したり、火葬や霊園探しもそのひとつだ。

 では、ワンちゃんやネコちゃんは、いつ頃からシニアと呼べるのか。

「トイプードルやチワワ、ミニチュアダックスフントといった小型犬は8歳くらいから、もう立派なシニア。猫も同様です。これぐらいから将来的な介護などを頭に入れておくべきです」

 こう言うのは、ペットアシストクラブ代表でペットロスカウンセラーの資格も持つ古賀桂子氏だ。

 ペットフード協会の15年調査によると、犬の平均寿命は14.85歳、猫が15.75歳。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    美女ドライバーを違反切符で口説こうとした警察官は誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る