• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元NHKアナが教えるショートスピーチのカギは締めの言葉

 サラリーマンにとって避けて通れないのがスピーチだ。新年会、忘年会、暑気払い、取引先との宴席、異業種の集まり、プロジェクトの打ち上げ……。飲み会は次から次へとやってくる。「○○さん、一言お願いします」と急に振られることも少なくない。うまく乗り切るにはどうすればいいのか。

「英語でしゃべらナイト」などで活躍した元NHKアナウンサーの松本和也さんは、「最初に結びのコメントを決めてしまうといいですよ」とアドバイスする。急なスピーチの場合、何となく話し始めてしまうことが多い。それで途中からグダグダになり、何を言いたいのか分からないスピーチになりがちである。

 プロは違う。先にゴールを決め、そこまでの組み立てを考えるのだ。

「締めのコメントは、それほどバリエーションがありません。だいたい『頑張ってください』『お疲れさまでした』『ありがとうございます』のいずれか。これを決めると、スピーチのテーマも決まるのです。『頑張って』なら激励だし、『お疲れさま』ならねぎらい、『ありがとう』は感謝。そこまで決まれば、あとは、締めにつながる内容を考えるだけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る