NHK契約アナも愛人クラブに 「パパ活女性」5つの共通点

公開日:  更新日:

 先日、小倉優子そっくりのNHK契約アナが「パパ活」を推進する愛人クラブに登録していたと週刊誌が報じた。パパ活、気になるぞ。

 パトロン(=パパ)を見つける活動を意味する「パパ活」。年間100人以上の女性を取材している官能小説家の加藤文果さんが「パパ活」という言葉をよく耳にするようになったのは、3~4年ほど前から。

 恋人以外や、夫とは別にパパがいる、または探している。大抵、パパは複数。高級レストランに連れて行ってくれるパパ、旅費を出してくれるパパ、ブランド品を買ってくれるパパなどなど。

「さまざまなサポートをパパに求めているのですが、援助交際とはまた違う。私が出会ったパパ活の女性は、自分の魅力を金品に換え、自尊心を満たしている印象。満たすものは多ければ多いほどよく、それらにフルに対応できるパパならひとりでもOKですが、現実には難しいので、複数のパパを持つのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る