• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

価格動向で判明 花火が見えるマンションは価値が落ちない

 今週末の29日は隅田川花火大会。毎年100万人近くが見物する東京の夏の風物詩だが、自宅から花火がよく見えるマンションは資産価値が落ちないというデータが出ている。不動産情報「住まいサーフィン」を運営するスタイルアクトが、首都圏の主な花火大会の打ち上げ場所から半径2キロ圏内のマンションの価格の変動を調査。花火が最もよく見えるだろうエリア内1番の高層マンションは、他のマンションと比べて年間平均3・4%価格が落ちづらいことが分かった。

 例えば、神宮外苑花火が見られる「富久クロスコンフォートタワー」(新宿区=15年5月竣工)の年間上昇率は15.7%で、周辺エリアの平均1.5%を大きく上回る。さらに、「二子玉川ライズタワー&レジデンス」(世田谷区=10年5月竣工)は、西側の窓からは世田谷区たまがわ花火、南側の窓からも川崎市制記念多摩川花火の両方が見られることで人気。当然、年間上昇率も周辺の平均が0%なのに対し、3.5%と高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る