開放感は抜群 全国“水かけ&びしょ濡れ”イベントガイド

公開日: 更新日:

「ソンクラーン」は東南アジア、特にタイで盛んな水かけ祭り。それを真似たイベントが、ここ数年日本各地で開催されている。見知らぬ者同士が水鉄砲などで水をかけ合いびしょ濡れになるのは、涼しいのはもちろん非日常的で開放感バツグンだ!

 はやりのランイベントと掛け合わせたのは、神奈川・八景島シーパラダイスで行われる「ウォーターランフェスティバル」。会場を走りながら水鉄砲でウオーターバトル! 参加者1万人は日本最大級だ。

 東京・お台場で行われる「ファンファンスプラッシュ」も、水風船や水鉄砲が楽しめるゾ。どちらも水鉄砲の水が勢いよく顔に当たったり、頭からバケツの水をぶっかけられたりする。それでも、決して怒らないこと!

 ノリノリのDJミュージックで盛り上がりたい向きは、江の島の「WATERWARS」や広島・呉の「MUSICAL RUSH」など音楽ライブ系水かけイベントがオススメ。ライブでほてった体と頭を大量の水が冷ましてくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る