• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開放感は抜群 全国“水かけ&びしょ濡れ”イベントガイド

「ソンクラーン」は東南アジア、特にタイで盛んな水かけ祭り。それを真似たイベントが、ここ数年日本各地で開催されている。見知らぬ者同士が水鉄砲などで水をかけ合いびしょ濡れになるのは、涼しいのはもちろん非日常的で開放感バツグンだ!

 はやりのランイベントと掛け合わせたのは、神奈川・八景島シーパラダイスで行われる「ウォーターランフェスティバル」。会場を走りながら水鉄砲でウオーターバトル! 参加者1万人は日本最大級だ。

 東京・お台場で行われる「ファンファンスプラッシュ」も、水風船や水鉄砲が楽しめるゾ。どちらも水鉄砲の水が勢いよく顔に当たったり、頭からバケツの水をぶっかけられたりする。それでも、決して怒らないこと!

 ノリノリのDJミュージックで盛り上がりたい向きは、江の島の「WATERWARS」や広島・呉の「MUSICAL RUSH」など音楽ライブ系水かけイベントがオススメ。ライブでほてった体と頭を大量の水が冷ましてくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る