開放感は抜群 全国“水かけ&びしょ濡れ”イベントガイド

公開日: 更新日:

「ソンクラーン」は東南アジア、特にタイで盛んな水かけ祭り。それを真似たイベントが、ここ数年日本各地で開催されている。見知らぬ者同士が水鉄砲などで水をかけ合いびしょ濡れになるのは、涼しいのはもちろん非日常的で開放感バツグンだ!

 はやりのランイベントと掛け合わせたのは、神奈川・八景島シーパラダイスで行われる「ウォーターランフェスティバル」。会場を走りながら水鉄砲でウオーターバトル! 参加者1万人は日本最大級だ。

 東京・お台場で行われる「ファンファンスプラッシュ」も、水風船や水鉄砲が楽しめるゾ。どちらも水鉄砲の水が勢いよく顔に当たったり、頭からバケツの水をぶっかけられたりする。それでも、決して怒らないこと!

 ノリノリのDJミュージックで盛り上がりたい向きは、江の島の「WATERWARS」や広島・呉の「MUSICAL RUSH」など音楽ライブ系水かけイベントがオススメ。ライブでほてった体と頭を大量の水が冷ましてくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る