田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

山口瞳、吉永小百合をも魅了した大内延介九段の生涯

公開日:  更新日:

 昔は「立てば競輪場、座れば麻雀、歩いて行く先は歓楽街」というようなギャンブルやお酒に興じる棋士が多かった。

 そんな空気の時代に、6月23日に75歳で亡くなった大内延介九段は若いころからアウトドアの趣味に親しんでいた。

 写真は、将棋の手つきと同じくゴルフも左打ちの大内の力強いスイングで、シングルの腕前だった。私がカメラに凝っていた40年ほど前に撮ったものだ。

 大内はそのほかに、アルピニストとして3000メートルもの高山を踏破し、スキーは準1級指導員の資格を持っていた。また、将棋のルーツを求めてアジアの諸国によく旅行していた。

 大内は盤外で、さまざまなことに興味を寄せる棋士だった。

 日刊ゲンダイは78年から「オールスター勝ち抜き戦」というプロ棋戦を主催していた。上位棋士チームと若手棋士チームの対抗戦だった。大内八段はその第1回で、真部一男六段、青野照市五段、谷川浩司四段(段位はいずれも当時)らの若手精鋭をなで斬りにして9連勝している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る