佳子さまは写真集も 皇室の肖像権はどうなっているのか

公開日:

 日本の象徴として日々、精力的に活動している天皇・皇后両陛下ほか皇室ご一家。近頃はプロ顔負けのカメラでその姿を“激写”する熱狂的な人も多く、特に秋篠宮佳子さまは“リアル・プリンセス”として写真集なども数多く出版されている。さて皇室の肖像権はどうなっているのか?

 肖像権や著作権に詳しい篠原総合法律事務所の篠原一廣弁護士に聞いた。

「天皇や皇族の地位は、憲法や皇室典範により一般人とは区別されていますが、肖像権やプライバシー権は認められます。ただ、公人としての立場もありますので、撮った写真を公開することについては、直ちに違法とはされません」

 公的な行事の模様を撮影した写真を使い、写真集やカレンダー等を販売するのも、同じ理由で「肖像権侵害とはならない」という。

■プライバシー権侵害に該当するケース

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る