佳子さまは写真集も 皇室の肖像権はどうなっているのか

公開日:

 日本の象徴として日々、精力的に活動している天皇・皇后両陛下ほか皇室ご一家。近頃はプロ顔負けのカメラでその姿を“激写”する熱狂的な人も多く、特に秋篠宮佳子さまは“リアル・プリンセス”として写真集なども数多く出版されている。さて皇室の肖像権はどうなっているのか?

 肖像権や著作権に詳しい篠原総合法律事務所の篠原一廣弁護士に聞いた。

「天皇や皇族の地位は、憲法や皇室典範により一般人とは区別されていますが、肖像権やプライバシー権は認められます。ただ、公人としての立場もありますので、撮った写真を公開することについては、直ちに違法とはされません」

 公的な行事の模様を撮影した写真を使い、写真集やカレンダー等を販売するのも、同じ理由で「肖像権侵害とはならない」という。

■プライバシー権侵害に該当するケース

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る