シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米国ミレニアム世代の間で「コンブチャ」が大ブレーク

公開日:

「コンブチャ」と言っても、日本の昆布茶とは全くの別物です。紅茶や緑茶を発酵させた飲み物で、ほのかに甘く発泡性があり、微量のアルコールも含まれています。アメリカでは10年くらい前から健康食品店などで売られていましたが、ここ数年、ミレニアム世代の若者の間で大ブレークしています。

 ハイエンドのスーパーやデリを中心にさまざまなブランドのコンブチャが売られており、フレーバーも、レモン、ピーチ、アップル、ジンジャー、ラベンダーなど実にさまざまです。

 発酵飲料なので、基本的にガラスのボトルに入っています。冷やして飲むのが一般的です。500ミリリットルのボトルが1本4~5ドル(500~600円)と決して安くはありませんが、若者たちはこれを水のボトルやコーヒーのように持ち歩き、オフィスや学校でゆっくりと飲んでいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る