田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

井出隼平は藤井聡太の三段昇進が遅れたことでプロ棋士に

公開日:  更新日:

 私の弟子の井出隼平四段(26)が9月2日、加古川青流戦で藤井聡太四段(15)に勝った。

 藤井四段は「秒読みの中で間違えてしまった」と感想を語った。ただ、60秒の秒読みに先に追い込まれていたのは井出四段で、苦しい形勢で頑張り抜いたことが結果的に藤井四段のミスを誘った。

 翌日の新聞には「藤井四段 公式戦で初の連敗」という見出しが載った。昨年12月のデビュー戦以来、43局目で初めて連敗したわけだが、敗れたことが注目されるのは大物の証しだ。

 私は前回の本欄で公式戦の実績から比較して、藤井を向日葵にたとえ、井出は雑草だと表現した。両者は奨励会(棋士養成機関)の三段リーグの成績でも対照的だった。

 藤井は昨年9月に難関の三段リーグを1期で突破し、14歳2カ月の最年少記録で四段に昇段して棋士になった。一方の井出は三段リーグに6年・13期も在籍していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る