• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

不振の羽生善治二冠の将棋にいったい何が起きているのか

 2001年から17年までにタイトルを獲得した棋士は延べで116人。そのうち羽生善治二冠(46)が約半数の計53期のタイトルを獲得している。

 ほかに森内俊之九段(46)、佐藤康光九段(47)、郷田真隆九段(46)、丸山忠久九段(47)が獲得したタイトルを合わせると、計81期で約7割となる。

 今世紀のプロ棋界はこの記録が示すように、「羽生世代」と呼ばれる羽生と同じぐらいの年齢の棋士たちがタイトル戦でずっと活躍してきた。

 03年から14年までの名人戦では、羽生と森内は保持者と挑戦者の立場を入れ替わりながら通算で8回も対戦した。

 将棋連盟の会長を以前に務めていた谷川浩司九段は、名人戦が始まる4月の第1局の前夜祭で「羽生さんと森内さんの対戦がこれほど多いと、《羽生森内》は春の季語になりそうです」と、苦笑いしながら挨拶した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る