モンキーとSR400は生産終了 二輪車離れは本当なのか?

公開日:

 二輪車離れと言われて久しいが、実際にそうなのか。往年の名車「モンキー」や「SR400」は生産終了。生産台数は、ピーク時の約1割に落ち込んでいる(日本自動車工業会調べ)。その現状を見ると、二輪車離れは進んでいるように見える。二輪ジャーナリストのKAZU中西氏は「しかし」とこう言う。

「モンキーが生産終了したのは、排ガス規制のためで、今後バージョンアップして再発売される可能性もあります。生産台数ですが、125㏄以上はここ数年横ばい、もしくは微増。排気量ごとに新たなライダーが増えていることがうかがえます」

 例えば通勤や買い物用途に便利な125㏄までの「原付二種」は、自動車からの乗り換えが多いという。自動車に比べて維持費が圧倒的に安く、かつ原付のような2段階右折や30キロ制限などの煩わしい規則がないことも呼び水になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る