• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モンキーとSR400は生産終了 二輪車離れは本当なのか?

 二輪車離れと言われて久しいが、実際にそうなのか。往年の名車「モンキー」や「SR400」は生産終了。生産台数は、ピーク時の約1割に落ち込んでいる(日本自動車工業会調べ)。その現状を見ると、二輪車離れは進んでいるように見える。二輪ジャーナリストのKAZU中西氏は「しかし」とこう言う。

「モンキーが生産終了したのは、排ガス規制のためで、今後バージョンアップして再発売される可能性もあります。生産台数ですが、125㏄以上はここ数年横ばい、もしくは微増。排気量ごとに新たなライダーが増えていることがうかがえます」

 例えば通勤や買い物用途に便利な125㏄までの「原付二種」は、自動車からの乗り換えが多いという。自動車に比べて維持費が圧倒的に安く、かつ原付のような2段階右折や30キロ制限などの煩わしい規則がないことも呼び水になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る