モンキーとSR400は生産終了 二輪車離れは本当なのか?

公開日: 更新日:

 二輪車離れと言われて久しいが、実際にそうなのか。往年の名車「モンキー」や「SR400」は生産終了。生産台数は、ピーク時の約1割に落ち込んでいる(日本自動車工業会調べ)。その現状を見ると、二輪車離れは進んでいるように見える。二輪ジャーナリストのKAZU中西氏は「しかし」とこう言う。

「モンキーが生産終了したのは、排ガス規制のためで、今後バージョンアップして再発売される可能性もあります。生産台数ですが、125㏄以上はここ数年横ばい、もしくは微増。排気量ごとに新たなライダーが増えていることがうかがえます」

 例えば通勤や買い物用途に便利な125㏄までの「原付二種」は、自動車からの乗り換えが多いという。自動車に比べて維持費が圧倒的に安く、かつ原付のような2段階右折や30キロ制限などの煩わしい規則がないことも呼び水になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    プーチンに3000億円も献上し物事が後退してしまうって…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る