ネットで波紋呼ぶ パパの“抱っこひも”を批判するのは誰だ

公開日:

「父親たちの抱っこひも。街ゆく人々の目にはどう見えている?」

 今月2日、ある投資信託情報サイトがアップした記事が波紋を広げている。どんな波紋かというと、赤ちゃんを抱っこひもで抱いた男性の姿を見た人の中には、不快感を強く感じる人がいるのだ。年配の男性は父親が「気の毒」だと感じ、女子大生にもウケが悪い。50代女性は「抱き方がなっていない」と手厳しい。

 記事は、父親が子育ての能力を習得するためにはまだ学習時間が必要と締めくくっているが、ネット上では、「評価されるために育児をしているわけじゃない」などと批判が殺到している。

 育児は夫婦で分担するのが理想なのに、なぜ父親の抱っこひもがダメなのか。自身も子育て中のエッセイスト、大泉りか氏はこう話す。

「我が家も、家族で出かけるときは夫が抱っこひもで子供を抱っこします。男性の方が体力がありますから。これは、『育児は夫婦で行うもの』という前提があるからで、『育児は母親中心』と思う人にとっては、父親の抱っこひも姿は気に食わないのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る