専門家が警鐘 メキシコ地震とバリ島噴火で日本は要警戒

公開日: 更新日:

 先月19日、メキシコの中部でマグニチュード(M)7.1の地震が発生した。23日にも首都メキシコ市付近をM6.1の揺れが襲っている。一方で、東南アジアのインドネシア・バリ島は火山噴火の危険性が高まっている。政府は警戒レベルを最も高いレベル4に引き上げた。ともに太平洋プレート上のエリア。世界中を次々襲う自然災害に、日本列島への影響を心配する声もある。

 武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏(地震学)が言う。

「それぞれ日本から1万キロ近く離れていますが、実は密接な関係があり、日本列島も同じ太平洋プレート上にあります。同プレートは世界一の大きさで、活動期、静穏期を繰り返していました。メキシコの大地震もバリ島の火山活動も、世界各地で活発に活動を始めた同プレートの影響を受けたもの。日本列島にも響いてくる可能性はあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る