アリューシャン列島でM7.8 専門家が警告する日本への影響

公開日:

 18日、北太平洋のアリューシャン列島でマグニチュード7.8の地震があった。日本に津波被害などの影響はなかったが、先週は鹿児島で震度5強を観測する地震が発生。その前は北海道と熊本県で震度5弱の地震が立て続けに起きている。今後の日本への余波が気になるところだ。

 地震学者で武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏が言う。

「今回のアリューシャン列島の地震は断層が横にずれたとみられ、日本に津波などの影響はありませんでした。ただ、地震エネルギーそのものは大きく、付近一帯の火山活動を刺激したと考えられます」

 1957年3月のアリューシャン地震(M9・1)では、2日後にビゼベドフ火山が200年ぶりに噴火し、さらに1年半後にオクモク火山も噴火した。

「アリューシャン列島の火山が活発化すれば、カムチャツカ付近の火山も活発化する可能性があります。カムチャツカ沖で地震が誘発されたら、その地震エネルギーが日本に向かう展開も考えられる。しばらくは国内だけでなく、北方の火山活動と地震活動にも注視する必要があります」(島村英紀氏)

 豪雨や突風、猛暑も加わり、この夏は落ち着いて過ごせそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る