4つの項目で判断 あなたの「防災意識」は高いか低いか?

公開日: 更新日:

 日本は自然災害が多い国だ。国土面積は世界の1%にも満たないのに、マグニチュード6以上の地震の2割が発生している。台風や集中豪雨による死者、行方不明者も後を絶たない。日本人であれば誰も、自然の脅威から逃れることはできないだろう。

 もっとも、いつ起こるか分からない事態を過度に恐れる必要はない。重要なのは、正しい情報を収集し、いざというときの準備をすることだ。それにはまず、自分の防災意識はどの程度なのか、知っておくといい。

 その際の参考になるのが「防災意識尺度」だ。国立研究開発法人「防災科学技術研究所」の特別研究員で心理学者の島崎敢氏が、東京国際大講師の尾関美喜氏と共同開発したモノサシである。

 これは、災害に関する20の文章を読み、それぞれについて(1)まったく、あてはまらない(2)ほとんど、あてはまらない(3)どちらかというと、あてはまらない(4)どちらかというと、あてはまる(5)かなり、あてはまる(6)とてもよく、あてはまる――の6つから、自分の考えに最も近いものを選ぶというもの。すべて(1)なら20点、(6)なら120点という計算になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る