• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4つの項目で判断 あなたの「防災意識」は高いか低いか?

 日本は自然災害が多い国だ。国土面積は世界の1%にも満たないのに、マグニチュード6以上の地震の2割が発生している。台風や集中豪雨による死者、行方不明者も後を絶たない。日本人であれば誰も、自然の脅威から逃れることはできないだろう。

 もっとも、いつ起こるか分からない事態を過度に恐れる必要はない。重要なのは、正しい情報を収集し、いざというときの準備をすることだ。それにはまず、自分の防災意識はどの程度なのか、知っておくといい。

 その際の参考になるのが「防災意識尺度」だ。国立研究開発法人「防災科学技術研究所」の特別研究員で心理学者の島崎敢氏が、東京国際大講師の尾関美喜氏と共同開発したモノサシである。

 これは、災害に関する20の文章を読み、それぞれについて(1)まったく、あてはまらない(2)ほとんど、あてはまらない(3)どちらかというと、あてはまらない(4)どちらかというと、あてはまる(5)かなり、あてはまる(6)とてもよく、あてはまる――の6つから、自分の考えに最も近いものを選ぶというもの。すべて(1)なら20点、(6)なら120点という計算になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る