人気アーティストの影響で再評価 蘇る“伝説の漫画家”たち

公開日:

 宮谷一彦と聞いてピンときた人は相当な漫画通だろう。主に1960年代後半から70年代にかけて青年誌で活躍した漫画家で、当時の人気バンド「はっぴいえんど」のアルバム「風街ろまん」のジャケット(大瀧詠一や細野晴臣、松本隆らメンバー4人の顔が描かれている)を手がけたことでも知られる。現在71歳のベテランだ。

 この夏、宮谷氏の48年前の作品をまとめた単行本「ライク ア ローリングストーン」の第1話と第4話が逆だったことが判明。話題を呼んだ。

 報道によれば、単行本は、手塚治虫が創刊した漫画誌「COM」で69年に連載した全6話を収めたもの。第1話と第4話には話数の番号がなく、宮谷氏も編集者も入れ違えに気づかなかったという。宮谷氏は「これはこれでいい」と許したが、版元は「編集者のプライドが許さない」と改訂版を発行。在庫分は断裁処分。購入者には無料で送るなど騒動となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る