講師が解説 中高年が「ヒップホップダンス」にハマる理由

公開日:

「Shall we ダンス?」といえば、社交ダンスをこっそり始める中年サラリーマンの物語として有名な映画だ。それ以降、中年で社交ダンスを始める人が少なからずいる。そんな中、若者のダンスとして定着しているヒップホップダンスを踊る中高年が増えてきているという。本当なのか。

「ヒップホップダンスは、社交ダンスに比べて踊りの自由度が高く、ひとりでどこでも踊れます。シニアも、スマホなどでダンス教室はすぐに調べられるので、興味を持って来られる方が多いのです」

 こう話すのは、東京・東中野にある「DANCE SCHOOL D STUDIO」を運営する杉浦大介氏。スタジオには、50~60代を対象にしたヒップホップダンスクラスがあるという。

「男性だと、定年された方だけでなく、経営者や現役で働いている方もいます。女性は主婦で子育てが一段落した方や、介護の仕事をされている方などさまざまですが、男女ともほとんどはダンス初心者です。実は、ヒップホップはほかのストリートダンスと比べてテンポがゆっくり。簡単なステップをいくつか繰り返し練習して覚えていけば、週1回のレッスンなら1年くらいで形になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る