講師が解説 中高年が「ヒップホップダンス」にハマる理由

公開日: 更新日:

「Shall we ダンス?」といえば、社交ダンスをこっそり始める中年サラリーマンの物語として有名な映画だ。それ以降、中年で社交ダンスを始める人が少なからずいる。そんな中、若者のダンスとして定着しているヒップホップダンスを踊る中高年が増えてきているという。本当なのか。

「ヒップホップダンスは、社交ダンスに比べて踊りの自由度が高く、ひとりでどこでも踊れます。シニアも、スマホなどでダンス教室はすぐに調べられるので、興味を持って来られる方が多いのです」

 こう話すのは、東京・東中野にある「DANCE SCHOOL D STUDIO」を運営する杉浦大介氏。スタジオには、50~60代を対象にしたヒップホップダンスクラスがあるという。

「男性だと、定年された方だけでなく、経営者や現役で働いている方もいます。女性は主婦で子育てが一段落した方や、介護の仕事をされている方などさまざまですが、男女ともほとんどはダンス初心者です。実は、ヒップホップはほかのストリートダンスと比べてテンポがゆっくり。簡単なステップをいくつか繰り返し練習して覚えていけば、週1回のレッスンなら1年くらいで形になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る