家事分担の流れに逆行 妻が"フラリーマン"を認める不思議

公開日: 更新日:

 仕事帰りに一杯飲んで帰るには、気持ちがいい季節だ。仕事帰りにどこかに立ち寄ってから帰宅する男性=フラリーマンが目につく。先月、NHKがフラリーマンの事情を取り上げたところあちこちで評判だが、「夫婦円満のため」という男性の声や女性側から共感の声が上がっているのは意外だろう。

 夫婦で家事や育児を分担するのが時代の流れだけに、夫が遊び歩いて帰宅しようものなら、「アンタだけ遊び歩いてズルい」と妻に嫌みの一つや二つ言われそうだが、フラリーマンを認める女性は、グチる女性と何が違うのか。

 男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「今や3世帯に2世帯が共働きですが、厚労省の国民生活基礎調査などに示されている通り、家事の分担は妻が圧倒的。仕事も家庭も忙しい30代、40代の家庭でも、フラリーマン夫を受け入れる妻は、夫がフラリーマンになる回数か時間の取り決めがあるか、なくても夫がある程度、自制しているケース。あるいは、妻にも“フラガール”になる時間があります。やり過ぎて怒られる夫は、まだ妻に愛されている証拠です。あきらめた妻は何も注意せず、夫を放任しますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る