ベースは日産の商用車 ミニワゴン型タクシーなぜ増えた?

公開日:

 ワゴン型タクシーは以前からあるが、近ごろ見かけるのは、ひと回り小さいミニワゴン型タクシー。このところ増えているのはなぜか。

 出張先の京都で乗ってみると、セダンタイプに比べて室内は広々とし、天井にはサンルーフがあるので開放感抜群だ。

 座席の後ろのスペースには、大きなスーツケースも複数載せることができた。スライド式のドアは乗り降りが楽チンで、降りる際には自動でステップがニュッ――思わず「いいな~」と声が出るほどの乗り心地の良さだった。

■荷物の多い外国人観光客に対応

 調べたらコレ、日産が商用車NV200バネットをベースに開発した次世代タクシー「NV200タクシー」で、アメリカのニューヨーク市では2013年から公式イエローキャブ車両に採用。欧州でも電気自動車タイプが運行中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る