日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“恋ダンス”だけじゃない 大流行「コピーダンス」最新事情

 アイドルなどの楽曲の振り付けを“完コピ(完全コピー)”して踊ること。それが「コピーダンス」だ。少し前だと、AKB48の恋するフォーチュンクッキー、近ごろでは星野源の“恋ダンス”が一世を風靡した。こうしたコピーダンスは、宴会などで披露されるほか、ユーチューブなどの動画サイトに「踊ってみた」というキーワードでアップされている。

 女子大生のサークル活動としても人気で、東大にはK―POP専門のコピーダンスサークルがある。アイドルグループのコピーダンスサークル日本一を競う「ユニドル(ユニバーシティーアイドル)」なるイベントも大いに盛り上がっている。

 コピーダンス専門のダンス教室も全国に急増。横浜の教室のウェブサイトをのぞくと、レッスン項目には「安室奈美恵」「ジャニーズWEST」「嵐」「AKB48」「Perfume」などミーハー……じゃなかった、旬のアーティスト名がズラリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事