人気ゲームや商品展示 企業がコラボカフェで狙う相乗効果

公開日: 更新日:

 アニメやゲームのキャラクターと喫茶店がタイアップした「コラボカフェ」が増えている。

 中高年世代にも懐かしい高橋留美子原作の「らんま2分の1」は、連載開始30周年を記念したコラボカフェを開く。今月9日からの大阪を皮切りに名古屋、東京の順番だ。「猫飯店の五目ラーメン」など、作中に登場する料理が再現される。

 人気スマホゲーム「リネージュ2 レボリューション」のコラボカフェは、池袋の「シアターカフェ&ダイニング ストーリア」で期間限定オープン中。こちらもゲームの世界をイメージしたドリンクやフードを提供。店内には大型モニターがあり、スマホをつないでファン同士でプレーもできる。

 なぜこうしたコラボカフェが近年増えているのか? カフェライターの川口葉子氏が言う。

「カフェは、何にでも組み合わせやすい。そうすると、店にも入りやすくなりますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  8. 8

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  9. 9

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  10. 10

    流行語大賞に!忘年会で使える「ラグビー用語の基礎知識」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る