人気ゲームや商品展示 企業がコラボカフェで狙う相乗効果

公開日: 更新日:

 アニメやゲームのキャラクターと喫茶店がタイアップした「コラボカフェ」が増えている。

 中高年世代にも懐かしい高橋留美子原作の「らんま2分の1」は、連載開始30周年を記念したコラボカフェを開く。今月9日からの大阪を皮切りに名古屋、東京の順番だ。「猫飯店の五目ラーメン」など、作中に登場する料理が再現される。

 人気スマホゲーム「リネージュ2 レボリューション」のコラボカフェは、池袋の「シアターカフェ&ダイニング ストーリア」で期間限定オープン中。こちらもゲームの世界をイメージしたドリンクやフードを提供。店内には大型モニターがあり、スマホをつないでファン同士でプレーもできる。

 なぜこうしたコラボカフェが近年増えているのか? カフェライターの川口葉子氏が言う。

「カフェは、何にでも組み合わせやすい。そうすると、店にも入りやすくなりますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る