“体験型”か“インスタ映え”か 失敗しない福袋選びの極意

公開日: 更新日:

 来年の正月に向け、大手百貨店が「福袋」をアピールし始めたが、ぶっちゃけ、お得なのか。最近のトレンドは体験型の企画商品だが、来年はそれに加えて、“インスタ映え”する商品も充実しているという。

「福袋には話題づくりの目玉商品や、在庫一掃のたたき売りなど、いくつか種類がある。目玉商品は高額なものが多いですが、宣伝費も織り込んだ出血大サービスだったりするので、どうしても必要という人には“お得”といえるでしょう」(百貨店関係者)

 たとえば、西武池袋本店では、西武鉄道を貸り切り、旅をしながら結婚式を挙げられる体験型の福袋を用意した。新郎、新婦ら26人分の食事などを含めて1組限定。価格は2018年に引っかけて201万8000円。高額といえば高額だが、鉄道マニアのカップルならお買い得か。

 三越日本橋本店では、銀座の有名高級クラブで飲食できる福袋を男性用の羽織と着物をセットにして32万4000円で売る予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る