“体験型”か“インスタ映え”か 失敗しない福袋選びの極意

公開日: 更新日:

 来年の正月に向け、大手百貨店が「福袋」をアピールし始めたが、ぶっちゃけ、お得なのか。最近のトレンドは体験型の企画商品だが、来年はそれに加えて、“インスタ映え”する商品も充実しているという。

「福袋には話題づくりの目玉商品や、在庫一掃のたたき売りなど、いくつか種類がある。目玉商品は高額なものが多いですが、宣伝費も織り込んだ出血大サービスだったりするので、どうしても必要という人には“お得”といえるでしょう」(百貨店関係者)

 たとえば、西武池袋本店では、西武鉄道を貸り切り、旅をしながら結婚式を挙げられる体験型の福袋を用意した。新郎、新婦ら26人分の食事などを含めて1組限定。価格は2018年に引っかけて201万8000円。高額といえば高額だが、鉄道マニアのカップルならお買い得か。

 三越日本橋本店では、銀座の有名高級クラブで飲食できる福袋を男性用の羽織と着物をセットにして32万4000円で売る予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る