“体験型”か“インスタ映え”か 失敗しない福袋選びの極意

公開日:

 来年の正月に向け、大手百貨店が「福袋」をアピールし始めたが、ぶっちゃけ、お得なのか。最近のトレンドは体験型の企画商品だが、来年はそれに加えて、“インスタ映え”する商品も充実しているという。

「福袋には話題づくりの目玉商品や、在庫一掃のたたき売りなど、いくつか種類がある。目玉商品は高額なものが多いですが、宣伝費も織り込んだ出血大サービスだったりするので、どうしても必要という人には“お得”といえるでしょう」(百貨店関係者)

 たとえば、西武池袋本店では、西武鉄道を貸り切り、旅をしながら結婚式を挙げられる体験型の福袋を用意した。新郎、新婦ら26人分の食事などを含めて1組限定。価格は2018年に引っかけて201万8000円。高額といえば高額だが、鉄道マニアのカップルならお買い得か。

 三越日本橋本店では、銀座の有名高級クラブで飲食できる福袋を男性用の羽織と着物をセットにして32万4000円で売る予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る