• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一斉メールか手書きか 仕事につながる年賀状のポイントは

 年賀状を書こう――人気アイドルグループ・嵐が年賀状のCMに起用され、メールに押されて低迷する年賀状のテコ入れに躍起だ。

 年賀状は1949年に発行された50年用が初めてで、1億8000万枚発行された。その後右肩上がりで増え続け、03年に44億5936万枚でピークを打つと、減少に転じ、昨年は25億8600万枚とほぼ半減だ。

 それだけに、毎年この時季になると、「年賀状を書くべきか、一斉メールで済ますか」を悩む人は少なくないだろう。仕事上のつき合いがある人からもメール賀状が届いたりするから、楽な方を選びたくなる。結局、どちらがベターか。

「リーダーの基本」などの著書があるビジネスコンサルタントで、SBIモーゲージ(現アルヒ)元取締役執行役員常務の横山信治氏が言う。

「これだけパソコンが普及しているので、全部手書きはつらい。楽をできるところはうまく手抜きしながら、手書きのメリットも取り入れるのがベターです。私は、表の宛名と裏の文章は印刷していて、文章にひと言手書きのコメントを添えるようにしています。そうすると相手が受け取る印象が全然違いますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る