一斉メールか手書きか 仕事につながる年賀状のポイントは

公開日:

 年賀状を書こう――人気アイドルグループ・嵐が年賀状のCMに起用され、メールに押されて低迷する年賀状のテコ入れに躍起だ。

 年賀状は1949年に発行された50年用が初めてで、1億8000万枚発行された。その後右肩上がりで増え続け、03年に44億5936万枚でピークを打つと、減少に転じ、昨年は25億8600万枚とほぼ半減だ。

 それだけに、毎年この時季になると、「年賀状を書くべきか、一斉メールで済ますか」を悩む人は少なくないだろう。仕事上のつき合いがある人からもメール賀状が届いたりするから、楽な方を選びたくなる。結局、どちらがベターか。

「リーダーの基本」などの著書があるビジネスコンサルタントで、SBIモーゲージ(現アルヒ)元取締役執行役員常務の横山信治氏が言う。

「これだけパソコンが普及しているので、全部手書きはつらい。楽をできるところはうまく手抜きしながら、手書きのメリットも取り入れるのがベターです。私は、表の宛名と裏の文章は印刷していて、文章にひと言手書きのコメントを添えるようにしています。そうすると相手が受け取る印象が全然違いますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る