本人写真はNG…SNSプロフ“モテる”と“ドン引き”の境界線

公開日: 更新日:

 クリスマスパーティー、忘年会など出会いの機会が増える。最近は、連絡先としてSNSを教え合うことが多いが、その人のイメージを左右する「アイコン」には要注意だ。銀座ダイヤモンドシライシの調査によると、20~30代の女性に聞いた男性のNGアイコンは、「自撮り写真(加工あり)」だった。

 次いで「恋人との写真」、「自撮り写真(加工なし)」、「自分の写真(自撮り以外)」と続く。つまり、本人が写っている写真は悪印象ということだ。なぜか?

 明大講師の関修氏(心理学)は「SNSの世界は一種の仮想空間ですからね」とこう言う。

「特にLINEは、個人または複数の相手との文字を通したコミュニケーションを楽しむ場です。最初は何とも思ってなくても、やりとりしていくうちに好意を持つことはありますが、顔が見えると『この顔がこんなこと言っている』と現実感が出てしまう。お互い顔を知っている相手でも、たとえばロマンチックな言葉をかけるたびに顔のアイコンがアップで出てくると、やりとりに集中できずに冷めてしまうことがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る