• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本人写真はNG…SNSプロフ“モテる”と“ドン引き”の境界線

 クリスマスパーティー、忘年会など出会いの機会が増える。最近は、連絡先としてSNSを教え合うことが多いが、その人のイメージを左右する「アイコン」には要注意だ。銀座ダイヤモンドシライシの調査によると、20~30代の女性に聞いた男性のNGアイコンは、「自撮り写真(加工あり)」だった。

 次いで「恋人との写真」、「自撮り写真(加工なし)」、「自分の写真(自撮り以外)」と続く。つまり、本人が写っている写真は悪印象ということだ。なぜか?

 明大講師の関修氏(心理学)は「SNSの世界は一種の仮想空間ですからね」とこう言う。

「特にLINEは、個人または複数の相手との文字を通したコミュニケーションを楽しむ場です。最初は何とも思ってなくても、やりとりしていくうちに好意を持つことはありますが、顔が見えると『この顔がこんなこと言っている』と現実感が出てしまう。お互い顔を知っている相手でも、たとえばロマンチックな言葉をかけるたびに顔のアイコンがアップで出てくると、やりとりに集中できずに冷めてしまうことがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る