本人写真はNG…SNSプロフ“モテる”と“ドン引き”の境界線

公開日:

 クリスマスパーティー、忘年会など出会いの機会が増える。最近は、連絡先としてSNSを教え合うことが多いが、その人のイメージを左右する「アイコン」には要注意だ。銀座ダイヤモンドシライシの調査によると、20~30代の女性に聞いた男性のNGアイコンは、「自撮り写真(加工あり)」だった。

 次いで「恋人との写真」、「自撮り写真(加工なし)」、「自分の写真(自撮り以外)」と続く。つまり、本人が写っている写真は悪印象ということだ。なぜか?

 明大講師の関修氏(心理学)は「SNSの世界は一種の仮想空間ですからね」とこう言う。

「特にLINEは、個人または複数の相手との文字を通したコミュニケーションを楽しむ場です。最初は何とも思ってなくても、やりとりしていくうちに好意を持つことはありますが、顔が見えると『この顔がこんなこと言っている』と現実感が出てしまう。お互い顔を知っている相手でも、たとえばロマンチックな言葉をかけるたびに顔のアイコンがアップで出てくると、やりとりに集中できずに冷めてしまうことがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る