本人写真はNG…SNSプロフ“モテる”と“ドン引き”の境界線

公開日: 更新日:

 クリスマスパーティー、忘年会など出会いの機会が増える。最近は、連絡先としてSNSを教え合うことが多いが、その人のイメージを左右する「アイコン」には要注意だ。銀座ダイヤモンドシライシの調査によると、20~30代の女性に聞いた男性のNGアイコンは、「自撮り写真(加工あり)」だった。

 次いで「恋人との写真」、「自撮り写真(加工なし)」、「自分の写真(自撮り以外)」と続く。つまり、本人が写っている写真は悪印象ということだ。なぜか?

 明大講師の関修氏(心理学)は「SNSの世界は一種の仮想空間ですからね」とこう言う。

「特にLINEは、個人または複数の相手との文字を通したコミュニケーションを楽しむ場です。最初は何とも思ってなくても、やりとりしていくうちに好意を持つことはありますが、顔が見えると『この顔がこんなこと言っている』と現実感が出てしまう。お互い顔を知っている相手でも、たとえばロマンチックな言葉をかけるたびに顔のアイコンがアップで出てくると、やりとりに集中できずに冷めてしまうことがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  10. 10

    五輪優先に選手特権…コロナ敗戦は例を見ない深刻なものに

もっと見る