• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

炭焼きあなご あさじ(淡路島・浅野)他店では味わえない名人級の炭焼き穴子

 淡路島の旧北淡町(現淡路市)は、昔からいい穴子が捕れる地として知られている。町には数多く焼き穴子を扱う店が見られる。そんな中で私のイチ押しは、浅野にある「あさじ」だ。

 店主・倉本正富さんは、高砂の老舗焼き穴子店で修業し、故郷へ帰ってその専門店を出した。富島漁港に設けたいけすから取ってきた穴子を目打ちして開き、裏焼きにする。それを冷ましてから水に潜らせ、あくを落として表を焼いていくのだ。

 その焼き方たるや名人級で、同じ穴子を仕入れても他店ではこの味わいにならないというから驚かされる。炭火でふんわり焼けた穴子は、特製のタレに漬けて売られている。小さめの穴子3匹を串に刺した中(1458円)から2匹の特大サイズ(1944円)まで4種あり、客はその使い道によって好みのサイズを選ぶようだ。

 炭火焼き穴子の販売のみでスタートした「あさじ」だが、「焼きたてを食べたい」という声が多く、駐車場の一角にそれを食せるスペースが昨年の夏ごろに完成した。12人程収容するその場所では、11時から13時30分(LO)の間、穴子丼を主にしたお重が味わえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る