• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

炭焼きあなご あさじ(淡路島・浅野)他店では味わえない名人級の炭焼き穴子

 淡路島の旧北淡町(現淡路市)は、昔からいい穴子が捕れる地として知られている。町には数多く焼き穴子を扱う店が見られる。そんな中で私のイチ押しは、浅野にある「あさじ」だ。

 店主・倉本正富さんは、高砂の老舗焼き穴子店で修業し、故郷へ帰ってその専門店を出した。富島漁港に設けたいけすから取ってきた穴子を目打ちして開き、裏焼きにする。それを冷ましてから水に潜らせ、あくを落として表を焼いていくのだ。

 その焼き方たるや名人級で、同じ穴子を仕入れても他店ではこの味わいにならないというから驚かされる。炭火でふんわり焼けた穴子は、特製のタレに漬けて売られている。小さめの穴子3匹を串に刺した中(1458円)から2匹の特大サイズ(1944円)まで4種あり、客はその使い道によって好みのサイズを選ぶようだ。

 炭火焼き穴子の販売のみでスタートした「あさじ」だが、「焼きたてを食べたい」という声が多く、駐車場の一角にそれを食せるスペースが昨年の夏ごろに完成した。12人程収容するその場所では、11時から13時30分(LO)の間、穴子丼を主にしたお重が味わえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る