メンマの形で判断 プロが教える失敗しないラーメン屋選び

公開日:

 ラーメンのジャンルは、他のグルメに比べ、店舗の新陳代謝が盛ん。その分、味に当たり外れが生まれやすいことが特徴だ。出先で外れのラーメンを引き当て、ゲンナリしたサラリーマンも少なくないだろう。

「実は食べる前から、うまい店かどうかを見極める方法があるんです」と、「ラーメン超進化論『ミシュラン一つ星』への道」(光文社)の著者で、年間700杯、通算1万3000杯以上を食べ続けた“ラーメン官僚”こと田中一明氏は言う。

「まず、インターネットを開き、ラーメンの画像を見る。その際、注目すべきはメンマの形です。穂先のような形状だったり縦横のラインが直線的であれば、そのラーメンは当たりである可能性が高い。なぜなら、ラーメン作りにおいて一番手を抜きがちなのがメンマだからです。メンマの形を整えるためには、水で丁寧に戻す作業が不可欠です。戻しが甘いと、ラインが曲がる上に保存料のにおいが残る。これではせっかくのスープの味が台無しです。次に注目すべきは脂の浮き方です。不均一なグラデーションになっていれば当たりですが、油膜に覆われノッペリとしていたら要注意。脂でだしの風味が吹き飛んでいるおそれがあります」(田中氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る