日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メンマの形で判断 プロが教える失敗しないラーメン屋選び

 ラーメンのジャンルは、他のグルメに比べ、店舗の新陳代謝が盛ん。その分、味に当たり外れが生まれやすいことが特徴だ。出先で外れのラーメンを引き当て、ゲンナリしたサラリーマンも少なくないだろう。

「実は食べる前から、うまい店かどうかを見極める方法があるんです」と、「ラーメン超進化論『ミシュラン一つ星』への道」(光文社)の著者で、年間700杯、通算1万3000杯以上を食べ続けた“ラーメン官僚”こと田中一明氏は言う。

「まず、インターネットを開き、ラーメンの画像を見る。その際、注目すべきはメンマの形です。穂先のような形状だったり縦横のラインが直線的であれば、そのラーメンは当たりである可能性が高い。なぜなら、ラーメン作りにおいて一番手を抜きがちなのがメンマだからです。メンマの形を整えるためには、水で丁寧に戻す作業が不可欠です。戻しが甘いと、ラインが曲がる上に保存料のにおいが残る。これではせっかくのスープの味が台無しです。次に注目すべきは脂の浮き方です。不均一なグラデーションになっていれば当たりですが、油膜に覆われノッペリとしていたら要注意。脂でだしの風味が吹き飛んでいるおそれがあります」(田中氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事