被害相談の4割20代 「SNS詐欺」海外マルチ事業者の二枚舌

公開日: 更新日:

 振り込め詐欺が高齢者なら、SNS詐欺は若者だ。SNSの普及で手軽な契約が可能になり、マルチ取引のトラブルが急増している。国民生活センターに寄せられた相談件数を見ると、2013年までは9000件台だったが、14年以降は1万1000件台で高止まり。中でも、20代が突出していて、相談件数の4割近くを占めている。

 国民生活センターの担当者が言う。

「SNSをよく使うのも一因ですが、自由に働くとか、一緒に成長しようとか、そのまま信じてしまう若者が多い。それから、やはり若者は無知。典型的なネズミ講などに簡単に引っかかってしまう。『ネズミ講』という言葉そのものを知らないのです」

 現在、増えているのが海外マルチ事業者とのトラブルだ。20代が半数を超えるという。

 契約時は、日本語で懇切丁寧に説明されるが、契約後は「海外事業者なので日本語未対応」と二枚舌を使う。さらに、「海外事業なので日本の法律は適用されない」と逃げてしまうのだ。被害額は数万~10万円程度なので、海の向こうの事業者を追及するのも面倒で“泣き寝入り”が多いという。ただ、若者にとっては大金だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る