被害相談の4割20代 「SNS詐欺」海外マルチ事業者の二枚舌

公開日:

 振り込め詐欺が高齢者なら、SNS詐欺は若者だ。SNSの普及で手軽な契約が可能になり、マルチ取引のトラブルが急増している。国民生活センターに寄せられた相談件数を見ると、2013年までは9000件台だったが、14年以降は1万1000件台で高止まり。中でも、20代が突出していて、相談件数の4割近くを占めている。

 国民生活センターの担当者が言う。

「SNSをよく使うのも一因ですが、自由に働くとか、一緒に成長しようとか、そのまま信じてしまう若者が多い。それから、やはり若者は無知。典型的なネズミ講などに簡単に引っかかってしまう。『ネズミ講』という言葉そのものを知らないのです」

 現在、増えているのが海外マルチ事業者とのトラブルだ。20代が半数を超えるという。

 契約時は、日本語で懇切丁寧に説明されるが、契約後は「海外事業者なので日本語未対応」と二枚舌を使う。さらに、「海外事業なので日本の法律は適用されない」と逃げてしまうのだ。被害額は数万~10万円程度なので、海の向こうの事業者を追及するのも面倒で“泣き寝入り”が多いという。ただ、若者にとっては大金だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る