被害相談の4割20代 「SNS詐欺」海外マルチ事業者の二枚舌

公開日: 更新日:

 振り込め詐欺が高齢者なら、SNS詐欺は若者だ。SNSの普及で手軽な契約が可能になり、マルチ取引のトラブルが急増している。国民生活センターに寄せられた相談件数を見ると、2013年までは9000件台だったが、14年以降は1万1000件台で高止まり。中でも、20代が突出していて、相談件数の4割近くを占めている。

 国民生活センターの担当者が言う。

「SNSをよく使うのも一因ですが、自由に働くとか、一緒に成長しようとか、そのまま信じてしまう若者が多い。それから、やはり若者は無知。典型的なネズミ講などに簡単に引っかかってしまう。『ネズミ講』という言葉そのものを知らないのです」

 現在、増えているのが海外マルチ事業者とのトラブルだ。20代が半数を超えるという。

 契約時は、日本語で懇切丁寧に説明されるが、契約後は「海外事業者なので日本語未対応」と二枚舌を使う。さらに、「海外事業なので日本の法律は適用されない」と逃げてしまうのだ。被害額は数万~10万円程度なので、海の向こうの事業者を追及するのも面倒で“泣き寝入り”が多いという。ただ、若者にとっては大金だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る