• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪の熱狂も関係なし 今や「食パン」ブームは超加熱状態

 朝食は「ご飯派」か「パン派」? いくつかのアンケートを比較すると、最近は「パン派」がやや多数を占める。調理の手軽さが主な理由だが、パンそのものにこだわる人は増えている。

 たとえば昨年、取材で訪れた銀座の「セントル ザ・ベーカリー」は、“行列が絶えないパン屋さん”として有名。1番人気の「角食パン」を手に入れるには、30分待ちは当たり前。東京駅構内やデパ地下だって夕方ともなると、お目当てのパン屋に人だかりができる。こうした中、江東区・東陽町駅から徒歩数分の場所にある「モン・シェール東陽町工場」では、販売開始後1時間ほどで“売り切れ”という、異常事態が続いている。

「先月、テレビに出た影響でしょ。NHKの“72時間”って番組。24時間営業なので“眠らないパン屋”として紹介されたらしい。以来、スゴい人気で3回来たけど毎回売り切れ。ツイてない。放送前日に買ったんだけど、それまで売り切れなんてなかったのに」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る