花粉症にいま最も注目 ヒマラヤ原産「モリンガ」って何?

公開日:

 今年もあの季節がやってくる。列島には寒気団が押し寄せているが、2月下旬ともなれば、全国推定2500万人が悩んでいるとされる“花粉症”の季節だ。

 つらい症状を和らげる食品として、これまで「蜂蜜」や「青汁」などが取り上げられてきたが、いま最もホットなのが「モリンガ」だ。

 モリンガとは、インドのヒマラヤ原産のワサビノキ科(日本のワサビとは別物)の植物。厚労省は、根や根皮にアルカロイドが含まれるため妊産婦への注意喚起表示を義務付けているが、適量を守れば「奇跡の木」と呼ばれるほど栄養豊富だ。特に花粉症に効果があるとされるポリフェノールの含有量が100グラム中2200ミリグラムもあり、ナント! 赤ワインの300ミリグラムの7倍以上という優秀さ(モリンガ粒=日本食品機能分析研究所)。さらにストレス軽減効果が期待できるGABA(γ―アミノ酪酸)も164ミリグラムと、野菜の中で最も多く含まれるトマトの5倍以上もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る