若者は「合理的」と抵抗なし シェアサービス拡大の予感

公開日: 更新日:

 モノやサービスを他人と共有する「シェアリング・エコノミー」。ジャパンネット銀行の調査によると、ミレニアル世代の6割以上で抵抗感がないという。一方、親世代では8割近くが抵抗を感じている。今後、世代交代が進めば「シェア」が定着していくだろう。若者の7割は「経済的」「合理的」と評価している。シェアでムダが省かれるということは、半面、経済の停滞を招くのではないか。

 調査は1月に行われ、18~25歳の男女500人、子どものいる40~50代の既婚男女603人から回答を得た。

 親世代は79%が「コミュニケーションが面倒」、64%が「自分の資産にならないことに抵抗を感じる」。若者は、77%が「経済的」、次いで「合理的」「賢い選択」「交流のきっかけになる」と好意的。受け止め方が世代間でクッキリ分かれた。

 皆で分かち合えば、経済的なのはわかるが、ムダの省略は、消費を縮小させはしないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る