北島さん次男病死は他人事じゃない “孤独死”の切ない現状

公開日:

 “演歌の大御所”北島三郎さん(81)の次男で元ミュージシャンの大野誠さん(51)が東京都調布市の自宅で病死していたことをめぐっては、「他人事とは思えない」といった声が多数上がっている。

 それもそのはずで、今月2日に公表された日本少額短期保険協会・孤独死対策委員会の「孤独死現状レポート」によると、孤独死の定義は「自宅内で死亡した事実が死後判明に至った1人暮らしの人」。年々増加傾向にあり、50代以下の現役世代の孤独死は男女ともに全体のおよそ4割を占めるという。決して高齢者だけの問題ではないのだ。

 北島音楽事務所社長で長男の大野竜氏(54)によると、誠さんと1週間ぐらい音信不通になったため、心配になって3日に調布市の自宅を訪ねると、服を着たまま「パタッと倒れていた」という。誠さんはまさに1人暮らしで、死後約1週間経過していたとみられ、死因は心不全だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る