北島さん次男病死は他人事じゃない “孤独死”の切ない現状

公開日: 更新日:

 “演歌の大御所”北島三郎さん(81)の次男で元ミュージシャンの大野誠さん(51)が東京都調布市の自宅で病死していたことをめぐっては、「他人事とは思えない」といった声が多数上がっている。

 それもそのはずで、今月2日に公表された日本少額短期保険協会・孤独死対策委員会の「孤独死現状レポート」によると、孤独死の定義は「自宅内で死亡した事実が死後判明に至った1人暮らしの人」。年々増加傾向にあり、50代以下の現役世代の孤独死は男女ともに全体のおよそ4割を占めるという。決して高齢者だけの問題ではないのだ。

 北島音楽事務所社長で長男の大野竜氏(54)によると、誠さんと1週間ぐらい音信不通になったため、心配になって3日に調布市の自宅を訪ねると、服を着たまま「パタッと倒れていた」という。誠さんはまさに1人暮らしで、死後約1週間経過していたとみられ、死因は心不全だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る