• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「伊調型」は精神的攻撃 職場でのパワハラに6つのタイプ

 厚労省が2016年に実施した「職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」によると、過去3年間にパワハラの相談を受けたことがある企業は全体の49・8%だった。半数近くの企業で社員からの相談があったことになるが、実際にパワハラを受けたことがあるという人も全体の32・5%に上っている。3人に1人が、やられた経験があるわけだ。

 ここでおさらいをしておくと、職場のパワハラとは、「職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりする行為」と定義されている。具体的には、①身体的な攻撃 ②精神的な攻撃 ③人間関係からの切り離し ④過大な要求 ⑤過小な要求 ⑥個(プライバシー)の侵害――の6つに分類されている。

 このうち圧倒的に多いのは②の精神的な攻撃で、パワハラを受けたという人の54・9%がこのケース。罵詈雑言を浴びせられたり、ネチネチと悪口を言われたりしたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る