• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「伊調型」は精神的攻撃 職場でのパワハラに6つのタイプ

 厚労省が2016年に実施した「職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」によると、過去3年間にパワハラの相談を受けたことがある企業は全体の49・8%だった。半数近くの企業で社員からの相談があったことになるが、実際にパワハラを受けたことがあるという人も全体の32・5%に上っている。3人に1人が、やられた経験があるわけだ。

 ここでおさらいをしておくと、職場のパワハラとは、「職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりする行為」と定義されている。具体的には、①身体的な攻撃 ②精神的な攻撃 ③人間関係からの切り離し ④過大な要求 ⑤過小な要求 ⑥個(プライバシー)の侵害――の6つに分類されている。

 このうち圧倒的に多いのは②の精神的な攻撃で、パワハラを受けたという人の54・9%がこのケース。罵詈雑言を浴びせられたり、ネチネチと悪口を言われたりしたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る