「伊調型」は精神的攻撃 職場でのパワハラに6つのタイプ

公開日: 更新日:

 厚労省が2016年に実施した「職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」によると、過去3年間にパワハラの相談を受けたことがある企業は全体の49・8%だった。半数近くの企業で社員からの相談があったことになるが、実際にパワハラを受けたことがあるという人も全体の32・5%に上っている。3人に1人が、やられた経験があるわけだ。

 ここでおさらいをしておくと、職場のパワハラとは、「職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりする行為」と定義されている。具体的には、①身体的な攻撃 ②精神的な攻撃 ③人間関係からの切り離し ④過大な要求 ⑤過小な要求 ⑥個(プライバシー)の侵害――の6つに分類されている。

 このうち圧倒的に多いのは②の精神的な攻撃で、パワハラを受けたという人の54・9%がこのケース。罵詈雑言を浴びせられたり、ネチネチと悪口を言われたりしたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る