ザギトワも一目惚れの秋田犬 ペットショップで見ない理由

公開日:  更新日:

 フィギュアスケート金メダルのごほうびに、秋田犬をプレゼントされることになったロシアのアリーナ・ザギトワ選手(15)。かわいらしい彼女と忠犬の組み合わせは今から楽しみだが、そもそも秋田犬はこれほど有名な犬にもかかわらず、ペットショップで見かけることは少ない。中国では、ニセ秋田犬が問題になっているらしいが、一体どうしてなのか?

 公益社団法人・秋田犬保存会(大館市)の担当者は「まず大きさの問題です」とこう話す。

「国の天然記念物である秋田犬は、生後50日まで親犬の元で一緒に過ごさせるルールがあり、販売は生後3カ月以降のものがほとんどです」

 大型犬である秋田犬は生後2カ月で体重は5キロ前後。3カ月になると、8キロを超えてくる。ペットショップでよく見かけるチワワやミニチュアダックスの成犬の2~3倍だ。狩りで熊とも格闘する秋田犬は成犬になれば、オスで40~60キロ、ザギトワ選手が飼うことになったメスでも30~50キロぐらいになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る