• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ザギトワも一目惚れの秋田犬 ペットショップで見ない理由

 フィギュアスケート金メダルのごほうびに、秋田犬をプレゼントされることになったロシアのアリーナ・ザギトワ選手(15)。かわいらしい彼女と忠犬の組み合わせは今から楽しみだが、そもそも秋田犬はこれほど有名な犬にもかかわらず、ペットショップで見かけることは少ない。中国では、ニセ秋田犬が問題になっているらしいが、一体どうしてなのか?

 公益社団法人・秋田犬保存会(大館市)の担当者は「まず大きさの問題です」とこう話す。

「国の天然記念物である秋田犬は、生後50日まで親犬の元で一緒に過ごさせるルールがあり、販売は生後3カ月以降のものがほとんどです」

 大型犬である秋田犬は生後2カ月で体重は5キロ前後。3カ月になると、8キロを超えてくる。ペットショップでよく見かけるチワワやミニチュアダックスの成犬の2~3倍だ。狩りで熊とも格闘する秋田犬は成犬になれば、オスで40~60キロ、ザギトワ選手が飼うことになったメスでも30~50キロぐらいになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

もっと見る