• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ザギトワも一目惚れの秋田犬 ペットショップで見ない理由

 フィギュアスケート金メダルのごほうびに、秋田犬をプレゼントされることになったロシアのアリーナ・ザギトワ選手(15)。かわいらしい彼女と忠犬の組み合わせは今から楽しみだが、そもそも秋田犬はこれほど有名な犬にもかかわらず、ペットショップで見かけることは少ない。中国では、ニセ秋田犬が問題になっているらしいが、一体どうしてなのか?

 公益社団法人・秋田犬保存会(大館市)の担当者は「まず大きさの問題です」とこう話す。

「国の天然記念物である秋田犬は、生後50日まで親犬の元で一緒に過ごさせるルールがあり、販売は生後3カ月以降のものがほとんどです」

 大型犬である秋田犬は生後2カ月で体重は5キロ前後。3カ月になると、8キロを超えてくる。ペットショップでよく見かけるチワワやミニチュアダックスの成犬の2~3倍だ。狩りで熊とも格闘する秋田犬は成犬になれば、オスで40~60キロ、ザギトワ選手が飼うことになったメスでも30~50キロぐらいになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る