子供のスマホ依存とどう向き合う 専門家が親にアドバイス

公開日:  更新日:

 小学校高学年で74.3%――。何の数字かというと、スマホの所持率。デジタルアーツが全国の小中高生を対象に調べたもので、中学生は90.3%、高校生は98.1%に上る。

 時代の流れとはいえ、小さいうちからスマホにハマると、スマホ依存が怖い。都内の中2女子に話を聞くと、「いつも深夜3時くらいまで友達とLINEしてるから、あんまり眠れない」とこぼす。スマホ依存は確実に広がっている。ネット依存防止に取り組む「エンジェルズアイズ」の遠藤美季代表が言う。

「自宅で習い事の練習や勉強の合間に何度もLINEをチェックし、ほとんど集中できない生徒は珍しくありません。また、学校でスマホを没収されたことに腹を立て泣き叫びながら先生に暴力をふるった中学生や、何度も校則を破って学校にスマホを持ち込み、『スマホと退学とどっちをとるか』と迫られて退学した高校生もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る