• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マナーのプロ指摘 スマホいじりトラブルは人間関係の問題

 大相撲の元横綱日馬富士の暴行事件では、貴ノ岩の「スマホいじり」が発端だった。暴力は絶対に許されることではないが、上司が説教している最中に部下が「彼女からのメールだ」とスマホをいじり始めたら、そりゃ頭にもくるだろう。

 それにしても、若者の「スマホいじり」は目に余る。記者が耳にしたケースを紹介しよう。

「例えば会議中。議論にも参加せず、スマホをポチポチ……。それをただすと『ちょっと調べものしてるんで~』ときた。ホリエモンもブログなどで会議中のスマホいじりを推奨しているもんだから、みんな堂々とやってますよ」(51歳・企画開発部長)

「写真を撮るならまだしも、取材メモまでスマホという若手ライターが増えています。『手書きより早いから』とメモアプリを開いてスマホの液晶を指でなぞっているみたいですが、取材相手はけげんな顔をしていますよ」(45歳・雑誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る