イオンが販売中止に エロ本業界の不況惨状と生き残り策

公開日:  更新日:

 コンビニ「ミニストップ」が、今年1月から全国の店舗で成人誌の取り扱いを中止したのは、訪日外国人が多くなる2020年の東京五輪に向けた対応だという。ミニストップを傘下に持つイオングループでは、コンビニ以外でも成人誌の取り扱いを中止している。

「子供の目に触れるところにエロ本はどうか」といった保護者の声もあるだけに、この流れはエロ本業界に大きな打撃。エロ本は、このまま姿を消すのか。風俗情報誌「俺の旅」(ミリオン出版)編集長の生駒明氏に話を聞いた。

「成人誌は、今や“汚物”のように見られていますよね(笑い)。ネットで情報が流れ、電子書籍化も重なって、10年以上前から紙のエロ本は不況です。規制も厳しく、成人誌は淘汰される時代でしょう。ウチの編集部員も縮小。手がまわらない部分は、フリーの人に外注しています。不況ゆえに編集部で抱える仕事があり過ぎて、多忙な毎日。創意工夫をしてもなかなか成果が上がらず、部下を育てる余裕もない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る