• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イオンが販売中止に エロ本業界の不況惨状と生き残り策

 コンビニ「ミニストップ」が、今年1月から全国の店舗で成人誌の取り扱いを中止したのは、訪日外国人が多くなる2020年の東京五輪に向けた対応だという。ミニストップを傘下に持つイオングループでは、コンビニ以外でも成人誌の取り扱いを中止している。

「子供の目に触れるところにエロ本はどうか」といった保護者の声もあるだけに、この流れはエロ本業界に大きな打撃。エロ本は、このまま姿を消すのか。風俗情報誌「俺の旅」(ミリオン出版)編集長の生駒明氏に話を聞いた。

「成人誌は、今や“汚物”のように見られていますよね(笑い)。ネットで情報が流れ、電子書籍化も重なって、10年以上前から紙のエロ本は不況です。規制も厳しく、成人誌は淘汰される時代でしょう。ウチの編集部員も縮小。手がまわらない部分は、フリーの人に外注しています。不況ゆえに編集部で抱える仕事があり過ぎて、多忙な毎日。創意工夫をしてもなかなか成果が上がらず、部下を育てる余裕もない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る