「女王」には懲役7年の判決 “つなぎ融資女”の傾向と対策

公開日: 更新日:

「つなぎ融資の女王」こと山辺節子被告(63=熊本県益城町出身)に懲役7年の実刑判決が出た。全国の男女12人から計約1億7700万円をだまし取った罪だが、山辺被告は「女性セブン」4月19日号で「『自分からお金が欲しい』とはっきり言ったことはない」なんてうそぶいていた。

 男からむしり取ろうと考えている“つなぎ融資女”ほど「お金が欲しい」とは口にしない。それに早く気付かないと、貢がされて終わりだ。

「デートに誘われても、『今、困っていることがあるから外出できない』と断ります。何度も『どうしたの?』って聞かれてから、言いづらそうにお金に困っているとほのめかす。勤め先が潰れそうで給料が遅れているとか、一時的な事情として話を切り出します」(元銀座ホステス)

 次々と男たちを手玉に取っていくつなぎ融資女にとって、しょせん男は“貢ぐ君”。お金に困っているはずなのに、きれいに化粧をしたり着飾るのも「アナタのため」とイケシャーシャーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  9. 9

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る