平田静子さん<3>補佐でも人に喜んでもらえることが力に

公開日:

 第2子出産後に職場復帰すると、今度は「グループ会議事務局」に配属された。比較的時間に余裕のある部署だと思っていたが、着任直後にグループの中枢セクションとなり、予想外に忙しくなったという。

「グループ会議事務局は100社以上のフジサンケイグループを取りまとめるセクションで、初代議長として鹿内信隆さんがいました。私はそこでグループ会社に連絡やお使いをするのが仕事。ただし、そこでも女性は私1人でしたから、相も変わらずお茶を入れたり伝票を書いたり、事務処理や書類作成もやっていました。ワープロもない時代でしたから、会議に必要な書類を議長から渡されたら、書き散らかした文字を見やすいようにリライトしコピーして配る、というのが最大の役目でしたね」

 役割は男性の補佐だったが、平田さんの仕事は「資料が見やすい」「お茶がおいしい」と評判がよかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る