平田静子さん<2>24歳で妊娠し出産後の復職を宣言

公開日: 更新日:

 テレビの制作現場に携わることに憧れていたが、配属されたのは総務部文書課。テレビ局らしさをみじんも感じられない業務を任された。

「社内に設置されていた公衆電話の売り上げを回収して経理に持っていったり、電報を打ったりするのが仕事でした。電報を打ちたい社員は、必要な文言を電報用紙に書いて持ってくるのです。私はそれを受け取って、115番に電話をして電報を打つことになっていました」

 女性社員の仕事といえば、みんなそんな感じ。事務職や秘書的な役割で男性をサポートしていた。

「お茶をいれたり、電話を取り次いだり、書類作成や伝票整理をする日々。それでも疑問に思うことはなく、毎日楽しく仕事をしていました」

■上司からは「ホトトギスか」と皮肉

 入社3年目の23歳で結婚。24歳で妊娠し、「出産後は復職します」と上司に報告したが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る