平田静子さん<2>24歳で妊娠し出産後の復職を宣言

公開日: 更新日:

 テレビの制作現場に携わることに憧れていたが、配属されたのは総務部文書課。テレビ局らしさをみじんも感じられない業務を任された。

「社内に設置されていた公衆電話の売り上げを回収して経理に持っていったり、電報を打ったりするのが仕事でした。電報を打ちたい社員は、必要な文言を電報用紙に書いて持ってくるのです。私はそれを受け取って、115番に電話をして電報を打つことになっていました」

 女性社員の仕事といえば、みんなそんな感じ。事務職や秘書的な役割で男性をサポートしていた。

「お茶をいれたり、電話を取り次いだり、書類作成や伝票整理をする日々。それでも疑問に思うことはなく、毎日楽しく仕事をしていました」

■上司からは「ホトトギスか」と皮肉

 入社3年目の23歳で結婚。24歳で妊娠し、「出産後は復職します」と上司に報告したが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る