• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平田静子さん<2>24歳で妊娠し出産後の復職を宣言

 テレビの制作現場に携わることに憧れていたが、配属されたのは総務部文書課。テレビ局らしさをみじんも感じられない業務を任された。

「社内に設置されていた公衆電話の売り上げを回収して経理に持っていったり、電報を打ったりするのが仕事でした。電報を打ちたい社員は、必要な文言を電報用紙に書いて持ってくるのです。私はそれを受け取って、115番に電話をして電報を打つことになっていました」

 女性社員の仕事といえば、みんなそんな感じ。事務職や秘書的な役割で男性をサポートしていた。

「お茶をいれたり、電話を取り次いだり、書類作成や伝票整理をする日々。それでも疑問に思うことはなく、毎日楽しく仕事をしていました」

■上司からは「ホトトギスか」と皮肉

 入社3年目の23歳で結婚。24歳で妊娠し、「出産後は復職します」と上司に報告したが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る