平田静子さん<2>24歳で妊娠し出産後の復職を宣言

公開日:

 テレビの制作現場に携わることに憧れていたが、配属されたのは総務部文書課。テレビ局らしさをみじんも感じられない業務を任された。

「社内に設置されていた公衆電話の売り上げを回収して経理に持っていったり、電報を打ったりするのが仕事でした。電報を打ちたい社員は、必要な文言を電報用紙に書いて持ってくるのです。私はそれを受け取って、115番に電話をして電報を打つことになっていました」

 女性社員の仕事といえば、みんなそんな感じ。事務職や秘書的な役割で男性をサポートしていた。

「お茶をいれたり、電話を取り次いだり、書類作成や伝票整理をする日々。それでも疑問に思うことはなく、毎日楽しく仕事をしていました」

■上司からは「ホトトギスか」と皮肉

 入社3年目の23歳で結婚。24歳で妊娠し、「出産後は復職します」と上司に報告したが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る