未来の大統領? 4歳の男の子が始めたホームレス救済活動

公開日: 更新日:

 米アラバマ州バーミンガムに住むオースティン・ペリン君(4)は週に一度、想像上のスーパーヒーロー「プレジデント・オースティン」に変身する。特別な超能力があるわけではない。親からもらった小遣いでサンドウィッチや飲み物を買い、街のホームレスにあげるのだ。時にはスーパーヒーローのようにマントを羽織るときもある。

 それにしても、たった4歳の男の子がなぜそんな慈善に目覚めてしまったのか? 3日付の米CBSテレビ(電子版)が、父親のTJ・ペリンさんの説明を紹介している。

 少し前に親子2人でテレビを見ていた時、パンダの母親が子育てを放棄したというニュースが流れた。TJさんが「かわいそうに、あの子はホームレスになっちまったな」とつぶやくと、オースティン君は「ホームレスって何?」と聞いてきた。「家がなくて、時には親もいないとき、ホームレスになるんだよ」と説明すると、「人間もホームレスになるの?」と聞いてきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る