• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

未来の大統領? 4歳の男の子が始めたホームレス救済活動

 米アラバマ州バーミンガムに住むオースティン・ペリン君(4)は週に一度、想像上のスーパーヒーロー「プレジデント・オースティン」に変身する。特別な超能力があるわけではない。親からもらった小遣いでサンドウィッチや飲み物を買い、街のホームレスにあげるのだ。時にはスーパーヒーローのようにマントを羽織るときもある。

 それにしても、たった4歳の男の子がなぜそんな慈善に目覚めてしまったのか? 3日付の米CBSテレビ(電子版)が、父親のTJ・ペリンさんの説明を紹介している。

 少し前に親子2人でテレビを見ていた時、パンダの母親が子育てを放棄したというニュースが流れた。TJさんが「かわいそうに、あの子はホームレスになっちまったな」とつぶやくと、オースティン君は「ホームレスって何?」と聞いてきた。「家がなくて、時には親もいないとき、ホームレスになるんだよ」と説明すると、「人間もホームレスになるの?」と聞いてきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る