• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

焼肉きんぐの「物語コーポ」社長・加治幸夫さんの巻<1>

宝華(東京・小金井)

 この店は、JR東小金井駅南口を出てすぐ。創業47年、いわゆる町中華の老舗です。店を起こしたマスターは研究熱心で、今から20年以上も前に、「宝そば」(700円)という油そばを開発します。今でこそポピュラーな油そばですが、ここが元祖と言ってもいいでしょうね。

 自宅から近いので一人で行ったり、家族でお邪魔したり。2週間に1回の頻度で食べに行きますよ。昼時は、開店前から行列していて、2時すぎまでは列が続きますから大繁盛です。

 多くの方のお目当ては名物の宝そばで、チャーシューをトッピングしたり、チャーハンとのセットを召し上がったりしていますが、僕が好きなのは湯麺(800円)と、もやし麺(800円)。正直、この2つは日本一おいしいと思います。

 どちらも一番の決め手は、味のバランスと野菜の火の入れ方です。湯麺は、モヤシとキャベツ、キクラゲ、ニンジン、ニラがどっさり。横から見ると山のようなたたずまいがいい。もちろん、抜群の火入れで食感はシャキシャキ、透き通ったスープの塩加減も絶妙です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る