ヘイト情報に騙され…ネット右翼に“中高年男性”が多い理由

公開日: 更新日:

 昨年、ケント・ギルバート氏の著書「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」(講談社+α新書)が40万部を超えるベストセラーになった。“ネット右翼”が食いつく、「嫌韓・嫌中」本の類いである。アマゾンのレビューにも〈韓国人の恥のない文化が少し理解できた〉〈日本人なら絶対に読むべき〉と数多くの称賛の声が書き込まれている。

 この手の本は、いまだに書店に平積みにされている人気ジャンル。昨年は他にも「韓国は、いつから卑しい国になったのか」(祥伝社)や「中国と韓国は息を吐くように嘘をつく」(徳間書店)などが発売され、これらの中心読者は40代以上の中高年男性だという。

 毎日新聞の調査(2014年)でも明らかだ。「嫌韓・嫌中」本や記事の読者の45%が60代以上で、8割は普段から新聞や本を購読し、週刊誌を読む人が多かったと分析している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  10. 10

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

もっと見る