曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Words+Worth(芦屋)イタリアン炉端風料理

公開日:  更新日:

 芦屋は昔から商売がしにくい地といわれる。富裕層が多い分だけ、口が肥えている人もたくさんおり、しかも阪神間特有の保守的な行動も目立つからだ。そんな芦屋にあって注目を集めているのが阪神芦屋駅近くにオープンした「ワーズワース」である。

 同店のコンセプトは、イタリアン炉端焼き。伊の創作料理の中に和でいう炉端焼きのエッセンスを取り入れた。料理人の西井一泰さんは「素材を焼いたりしてシンプルに味わう炉端焼きを伊料理の中で表現したくて店のコンセプトをつくった」と話す。たとえば焼き牡蠣があったり、帆立のバター醤油やサザエのエスカルゴバターがあったりするそのメニューでは、塩だけでなく、ソースを替えたりして炉端風料理を表現している。

 この手のものは素材が大事。その好例として、神戸プレミアムポーク(1000円)とあるように、神戸市西区の高尾牧場の豚肉を仕入れて調理している。同牧場では、パンを主原材に育てた雌豚だけを出荷。パンを食べさせることで脂身のさしが細かく入り、軟らかく臭みない肉質になるそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る