曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Words+Worth(芦屋)イタリアン炉端風料理

公開日:  更新日:

 芦屋は昔から商売がしにくい地といわれる。富裕層が多い分だけ、口が肥えている人もたくさんおり、しかも阪神間特有の保守的な行動も目立つからだ。そんな芦屋にあって注目を集めているのが阪神芦屋駅近くにオープンした「ワーズワース」である。

 同店のコンセプトは、イタリアン炉端焼き。伊の創作料理の中に和でいう炉端焼きのエッセンスを取り入れた。料理人の西井一泰さんは「素材を焼いたりしてシンプルに味わう炉端焼きを伊料理の中で表現したくて店のコンセプトをつくった」と話す。たとえば焼き牡蠣があったり、帆立のバター醤油やサザエのエスカルゴバターがあったりするそのメニューでは、塩だけでなく、ソースを替えたりして炉端風料理を表現している。

 この手のものは素材が大事。その好例として、神戸プレミアムポーク(1000円)とあるように、神戸市西区の高尾牧場の豚肉を仕入れて調理している。同牧場では、パンを主原材に育てた雌豚だけを出荷。パンを食べさせることで脂身のさしが細かく入り、軟らかく臭みない肉質になるそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る