曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

創作料理 JanSun(福島)3000円で創作料理を飲み食いOK

公開日:  更新日:

 阪神福島駅近く、国道2号線の一本南側の路地に手軽に味わえる「Jan Sun」なる店がある。この店を営むのは梶野靖子さん。彼女は西中島にラウンジ「Jan」も持っている。

 実は「Jan」は20年以上の歴史があり、ここで働いていた女性たちは結婚などで巣立って行った。この女性たちが家庭が落ち着いたので「もう一度一緒に働きたいね」との声があがり、それに応える形でこの居酒屋的店がスタートした。

 まず餃子(380円)ありきで店が始まり、それにスパークリングワインを合わせるのが「Jan Sun」流になっている。餃子はかつて梶野さんが十三で屋台村をやっていた際に提供していたもので、「Jan Sun」開店を機に復活させた。豚ミンチ、キャベツ、ニラを具材に一味唐辛子を効かせて作っている。

 料理担当の林幸司さんによれば、「しっかりした味なのでタレに漬けなくとも十分。醤油、酢、黒酢、ラー油、胡椒を置いているので好みの薬味で味わえるようにしている」とのこと。お薦めは、酢と胡椒を合わせ漬けダレにすること。「さっぱりした味になって酒が進みます」とは林さんのお薦めの弁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る