曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

三田牛専門店 甲斐(三田)悲願のブランド肉で極上すき焼き

公開日:  更新日:

 三田牛は、神戸ビーフにも用いられるほど昔から和牛の名産の一つ。但馬牛を素牛として三田市内で肥育し、三田食肉センターで解体処理した月齢30カ月以上の牛をそう呼んでいる。ただ神戸ビーフのように格付呼称制限がないのがネックで、肉質等級が最低の1であっても三田牛と名乗れたのだ。

 これではいつまでたってもブランド化が進まないと、三田食肉公社の廣岡誠道さんらが昨秋より「廻(かい)」なるブランドを作り、三田牛のA4№7以上をそこに当てはめようと定義づけた。「廻」ができてからは、三田の畜産農家も飼育努力の目安ができたとやる気を増し、いい肉が取れるような牛を育成するように。おのずと肉質のいいものが流通するようになって、今や神戸ビーフの等級制限を上回るものとして人気が出ている。

 三田食肉流通振興協議会のメンバーであり、廣岡さんらとチーム廻を結成してブランド化を図る福西文彦さんは、自身が営むJR三田駅前の店を三田牛専門の飲食店にリニューアルさせている。その名も「甲斐」で、廻の字を変えて三田牛専門店と謳っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る