曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

三田牛専門店 甲斐(三田)悲願のブランド肉で極上すき焼き

公開日:  更新日:

 三田牛は、神戸ビーフにも用いられるほど昔から和牛の名産の一つ。但馬牛を素牛として三田市内で肥育し、三田食肉センターで解体処理した月齢30カ月以上の牛をそう呼んでいる。ただ神戸ビーフのように格付呼称制限がないのがネックで、肉質等級が最低の1であっても三田牛と名乗れたのだ。

 これではいつまでたってもブランド化が進まないと、三田食肉公社の廣岡誠道さんらが昨秋より「廻(かい)」なるブランドを作り、三田牛のA4№7以上をそこに当てはめようと定義づけた。「廻」ができてからは、三田の畜産農家も飼育努力の目安ができたとやる気を増し、いい肉が取れるような牛を育成するように。おのずと肉質のいいものが流通するようになって、今や神戸ビーフの等級制限を上回るものとして人気が出ている。

 三田食肉流通振興協議会のメンバーであり、廣岡さんらとチーム廻を結成してブランド化を図る福西文彦さんは、自身が営むJR三田駅前の店を三田牛専門の飲食店にリニューアルさせている。その名も「甲斐」で、廻の字を変えて三田牛専門店と謳っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る