曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

三田牛専門店 甲斐(三田)悲願のブランド肉で極上すき焼き

公開日: 更新日:

 三田牛は、神戸ビーフにも用いられるほど昔から和牛の名産の一つ。但馬牛を素牛として三田市内で肥育し、三田食肉センターで解体処理した月齢30カ月以上の牛をそう呼んでいる。ただ神戸ビーフのように格付呼称制限がないのがネックで、肉質等級が最低の1であっても三田牛と名乗れたのだ。

 これではいつまでたってもブランド化が進まないと、三田食肉公社の廣岡誠道さんらが昨秋より「廻(かい)」なるブランドを作り、三田牛のA4№7以上をそこに当てはめようと定義づけた。「廻」ができてからは、三田の畜産農家も飼育努力の目安ができたとやる気を増し、いい肉が取れるような牛を育成するように。おのずと肉質のいいものが流通するようになって、今や神戸ビーフの等級制限を上回るものとして人気が出ている。

 三田食肉流通振興協議会のメンバーであり、廣岡さんらとチーム廻を結成してブランド化を図る福西文彦さんは、自身が営むJR三田駅前の店を三田牛専門の飲食店にリニューアルさせている。その名も「甲斐」で、廻の字を変えて三田牛専門店と謳っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  6. 6

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  7. 7

    もう気分は終息後…「GO TO TRAVEL」クーポン検討の能天気

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言でデパ地下どうなる?都心回帰で意外な弊害も

  10. 10

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

もっと見る