柳亭こみちさん<3>「愛ちゃんほど真面目な人を知らない」

公開日: 更新日:

 営業の成績はダントツに良かった。1カ月に回った書店の軒数と取ってきた注文の金額は常にトップ。ほかの営業担当者が1カ月に70~80軒を回るなら、こみちさんは120~130軒の店舗を回った。

「みんなには“キャラクター営業”って言われてました。『愛(本名)ちゃんはキャラが濃いからね~』なんて笑いながら。本人は、アイデアと計算で数字を上げていたつもりなんですけどね(笑い)。昔から、やれるところまでやらないと気が済まない性分なんです。きょうはあまり疲れなかったなあ~なんて日は気分が悪い。ぬる~いと納得できないんです。これはもう病気ですね」

 いつも全力投球という生き方は子供の頃から変わらない。運動会や学芸会といったイベントは誰よりも燃えたし、学生時代に所属したサークルは、シーズンを問わずいろんなスポーツに取り組むゴリゴリの体育会系だった。練習は厳しく、壁に背中をつけて休むことも許されなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

もっと見る